スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.04.18 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一ヶ月です

    0
       

      みゆちゃんとお別れしてちょうど一ヶ月です。



      P1000399.jpg




      左から、くるる、ロダン、みゆです。


      我が家では、結局納骨をしないまま、自宅に置いています。


      なんかもう、手放せないナアという感じ。。。。






      P1000401.jpg




      フツーに一緒にいます(笑)





      みゆは、1年半しかうちにいませんでした。


      主人は、「みゆがいたのが夢みたいだね」といつも言っています。

      みゆちゃんは、本当に天使だったのかもしれないね。。。。





      ご機嫌なときのみゆたん








      クルがいなくなって、私ら夫婦、本当に、どうしていいか分らなかった。

      いい大人ですが、愛する猫がいなくなるということに対応できなかった。

      なんとか日々を過ごして、二人とも泣いて、

      どうしようもない状態でした。




      みゆは、そんな時にうちに来てくれました。



      クルが去ってまだ二ヶ月。

      里親サイトを見る主人を私は否定的な目で見ていました。

      あの子(クル)がいなくなってまだ間もないのに、

      他の子なんか迎えられないよ。。。。。



      なのに、みゆが私の目に飛び込んできた。

      みゆを引き取ろうと言い出したのは私です。




      みゆは天使のように可愛くて面白くて(?)

      私たちは笑顔を取り戻しました。



      もっと一緒にいたかったけど。。。。。






      みゆは、路上で倒れてるところを保護されました。

      成猫で、首輪をしてたのに、避妊手術はされてない。

      素性は謎です。



      保護者さんが病院に連れていったときは、

      「もう無理かも。。。」と言われるほど弱ってたそうです。


      それでも奇跡的に元気になって、我が家にやってきました。

      ガンは、うちに来て、避妊手術をしたとき見つかりました。


      獣医さんには、悪性性の高い、難しいガンだと言われました。

      でも最後まで頑張ってくれました。


      みゆらしく。。。。  生きたと思います。




      保護者さんのおうちの敷地内で倒れてたみゆちゃん。

      息子さんが、「猫が倒れてる!」って見つけてくれて、


      保護者さんちは、どうしても猫を飼えない事情がありました、

      それでも、懸命に看病して、病院にも連れてってくれて、

      慣れない(というか初めての)里親募集をして。。。。



      倒れてたのが、あのお宅のの敷地内じゃなかったら、

      みゆはそのまま死んでたかもしれない。


      保護者Iさん。。。。  本当にありがとうございました。







      スポンサーサイト

      0
        • 2015.04.18 Saturday
        • -
        • 16:55
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        みゆちゃんか逝ってしまってからもう1ヶ月
        なんですね・・・・・・。
        みゆちゃんを迎えられた経緯には色々な事が
        あったんですね。

        優しい保護主さんに見つけてもらって、
        みゆくるさんご夫妻に沢山の愛情を注いで
        もらって、みゆちゃんは一生懸命生きてきたん
        ですよね。

        もしかしたら自分の余生が分かってて、
        短いかも知れない猫生を、みゆくるさんご夫妻と
        過ごすために、みゆくるさん達の前に現れたの
        かもしれませんね。

        改めてみゆちゃんのご冥福をお祈りします。
        保護者サマ、みゆくるさんご夫婦、優しい人達に
        かかわってもらって、みゆちゃんは愛情をたくさん
        感じて幸せな気持ちのまま天使になったのですね!
        みゆちゃん今頃お空で沢山のお友達と一緒に楽しく
        走り回っているのでしょうね。
        • チャチャのマミー
        • 2011/07/13 7:25 AM

        さるるさん
        保護者さんには、本当に感謝感謝ですよ〜
        飼える環境だったらご自分で飼ったろうというほど
        みゆに愛情を注いでくれました。
        うちに来たのは、不思議な縁です。
        当時私は里親サイトを全く見なかったので、
        たまたまチラッと見たとき(主人が見てた)みゆが
        写ってるページじゃなければ、そのまま知らないまま
        でしたね。。。
        本当に可愛くて、大好きでした。
        みゆも幸せだったかな〜


        チャチャのマミーさん
        アメブロのほうも見に来てくれてありがとうございます^^
        みゆの保護者さんの勇気に感謝です!
        クルを亡くしたときはみゆが。。。
        そして今回はちびっこたちが寂しさを消す手伝いを
        してくれてます。
        猫の力は偉大だ!
        みゆはお空でぴょんぴょん飛び跳ねてますよ、きっと^^
        • みゆくる
        • 2011/07/13 11:51 AM
        みゆちゃんが天使になって、もう1か月ですか・・・
        目にはみえないけれど、みゆくるさんの傍にいそうな気がします。
        時間とは、優しくもあり残酷でもあり。
        確実に過ぎてゆくものですね。

        みゆちゃんが保護された時の状況、涙が出ます。
        (歳とともに涙腺が・・・・・)
        でも、猫生の終着地が、みゆくる家だったことは
        幸せだったのではないでしょうか。
        ちびっこ達がきて、安心して旅立っていったような
        気がします。
        動物って、きっと人間のこと、すごくよくわかって
        いるんだなぁ..と思います。

        昔ウチの子(犬)も、危篤になってから私の帰宅を
        待っていたかのように息を引き取りました。
        絶対気持ちは繋がっている、みゆちゃんもきっと
        何もかもわかっていた、そう信じてます。
        • あきちゃん
        • 2011/07/13 4:56 PM

        あきちゃんさん
        そうなんですよね、きっと犬や猫さんって、色々分ってるんだと思います。
        にゃんず日記見てますよね?
        数日前の記事で、なおちゃんさんが、琥珀ちゃんにこれからのこと
        きちんとお話したってのがありました。
        それを読んでハッとして、私もねねによ〜く話しかけたんです。
        ねねは、夜違う部屋で寝てるけど、「一緒に寝ようよ」って。
        その日の夜ねねは、寝るとき私たちのとこに来たんです!
        そして、私の顔をじーっと見ていました。。。
        偶然じゃないと思っています。

        うちの天使猫たちもみんな、お別れの時期を選んで旅立ったように思います。
        5連休で主人がずっと家にいて、その最後の日とかね。

        ブログを通して、みゆが生きてたって知ってくれた
        人がいること、嬉しく思います(^_^)
        • みゆくる
        • 2011/07/13 7:13 PM
        みゆちゃんのご冥福を改めてお祈りします。
        みゆくる家での生活は短かったかも知れませんが、充分幸せな1年半を過ごしたみゆちゃん、幸せだったよね?
        ウチも昨年9月に猫のぼび(アメジョー)が、12月に黒ラブのローラが旅立ちました。2匹はまだ一緒にいます。
        毎年夏には全員で一緒に群馬に旅行に行っていました。ぼびもローラも大好きな場所なので、昨年は行けなかったけど、今年はまた、一緒に行って遺灰の一部を大好きだった場所に2匹一緒に埋めてこようと考えています。
        毎年行っていたメンバー+新入りわさびと一緒に行ってきます。
        • のりママ
        • 2011/07/14 12:01 AM
        早いですね…。

        一緒に暮らしていた子が旅立ってしまうと、もう他の子とは暮らせない!って思うけど、そんな気持ちを癒してくれるのはやっぱり猫なんですよね。

        保護されるまでのみゆちゃんの猫生は分からないけど、みゆくゆ家での一年半は絶対に幸せだって感じてくれてましたよ。
        だってあんなに穏やかで、可愛らしいお顔してたんですもん。
        ウチのお嬢も大人になったから棄てられた子です。
        本当にそんな風な思いをする子が少しでも減って欲しいですね。

        みゆちゃん、楽しんでますか〜?
        ゆっくり休んだら、今度は間違えないでみゆくゆ家に来るんだよ(^-^)
        • みぃしゃ
        • 2011/07/14 1:35 AM

        のりママさん
        9月と12月。。。近い時期に亡くされて寂しかったでしょうね・・
        猫ちゃんとの旅行、可能なんですねえ!
        うちはないです、引越しで移動しただけ。
        ロダン(茶トラ)はお外が大好きで、ベランダでも何でもとにかく出ようとしたから。
        もっと外に連れて行ってあげれば良かったです。
        群馬に今年も行くんですね(^_^)
        ぼびちゃんとローラちゃん、喜んでるでしょうね(^^


        みぃしゃさん
        私、18年前に1歳半の愛猫を亡くしたとき、
        「もう一生猫は飼わない、私にとっての猫はこの子だけだから」
        って本気で思ったんですよ。
        でも、捨てられて、しかも保健所行きというねねとロダンに出会って
        (正直、最初は『しょうがない』と思って保護した感じ(^_^;)
        でも、一緒にいるうちにかけがえのない存在になって。。。
        嬉しいときも悲しいときも、常にそばにいてくれる存在。
        愛おしいですね^^ 

        大人猫が捨てられるというのは悲しいですよね。。
        お嬢ってお名前?
        みぃしゃさんちの子になって良かったですね(^^♪
        • みゆくる
        • 2011/07/14 1:44 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>

        里親さん募集中

        いつでも里親募集中

        WEB本棚

        NPO法人ライフボート

        NPO法人犬と猫のためのライフボート〜手を伸ばせば救えるいのちがある〜

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR